2006年10月14日

*** 広島ドッグパークへ −11日(水)− ***

11日(水)の午後と、12日(木)の午前。
この2日間で、ずっと気になっていた「広島ドッグパーク」へレスキューの
お手伝いに行ってきました。


       ・
       ・
       ・


まず最初に・・・、行く前にNanaが考えた事を、正直に書きます。

まず一つ目は、「現地入りする当日は、どんなに悲しい場面に出会っても、絶対に
泣くまい!!悲しい顔も、なるべくすまい。。。」という事でした。
Nanaは子供の頃からワンコと一緒に育ってきましたし、今も夫婦で2匹のチワワと
暮らしていますが、日頃からつくづく・・・「犬は、人間の気持ちにすごく敏感に反応
する生き物だなぁ。。。」と感じています。
ワンコと暮らしている方々は経験がおありかと思いますが、「かわいそうに・・・。」
と言うと、犬は必ず(例えその時、可哀想じゃない状態でも)悲しい顔をします。
だから、どんな事態になろうと、出来るだけ笑顔で元気付けたい!!
と考えました。

そして、もう一つは・・・正直に書きます。
それは、「現地でボランティアの作業中に、写真を撮るのはどうなのか・・・。」
ということでした。
“Ark Angels”さんのホームページも不安定な現在、Nanaも今日まで現地の様子が
とても気になっていました。現地の様子が掲載されているサイトをウロウロし、、、
様子を見ようと懸命になってもいました。
でも、ボランティアの作業中は作業に集中すべきなのかもしれない・・・。
と考え、写真は自粛しよう・・・とも考えていました。

しかし当日現地入りしてみると、忙しい時間帯以外の時間帯、特にお散歩の作業中
などは、写真を撮る余裕がけっこうありました。

なので今回の記事は、画像付きで書くことが出来ました。
ただ、忙しい時間帯(朝一番とたぶん夕方以降も)の様子は作業に必死で撮れ
なかったので、画像がありません。ゴメンなさい。


       ・
       ・
       ・


次項有11日(水)午後


この日は、朝一番で家を出発し、高速道路を使って廿日市ICまで走りました。

そこから、Nanaと同じく現地へ行きたがっていた母とも合流し、下道を通って
湯来温泉の方角へ・・・、お昼頃やっと現地へ入れました。


現地施設は、何も知らない人が見たら「まだ、営業しているのかな・・・?」と
誤解をしてしまいそうな程、パーク閉鎖時からそのままという感じでした。


ドックパーク.JPG


看板には「ようこそ!!」とうたい続けながら、、、誰も助けにやって来なかった
現実・・・。閉鎖から1年以上もの間、誰にも知られずひっそりと苦しんでいた
ワンコ達を思うと、なんだかやるせない気持ちでいっぱいになりました。。。


ドックパーク(全景).jpg


丘の頂上まで登ると、そこがパークのメインの広場。
“Ark Angels”の現地事務所や、現地ボランティア受付窓口も、ここにあります。
(上の画像は、入り口と逆側の展望台付近から撮影したものです。
 左手前の緑のテントは、先日発見された埋められていた犬達への献花台です。)

なんだか、レスキューのお手伝いという初めての経験を前に、肩に力が入りすぎて
正直心細くさえなっていたNanaの目に飛び込んできたのは、広場に沢山見える
ボランティアさん達の姿でした。


休日よりきっと人手が足りないだろうからと、平日を選んだのに・・・。
この日のボランティア人数は、おそらく30人以上はいたと思います。


       ・
       ・
       ・


入場の前に、車を降りるとすぐに、着替えて完全防備になりました。
自分達の愛犬への伝染病や皮膚病感染を防ぐ為と、おそらく満足な予防接種も
受けられていないかもしれないし、その上長期間の栄養不足できっと免疫力が
とても弱っているであろうここの犬達のもとへ、外部の病気を持ち込まないためです。

レインコート上下と、花粉症用の立体マスク、帽子、ゴム手袋、長靴で全身を包み。
退場時には、長靴は消毒し、それ以外の装備はその日のみの使用で、全て使い捨て
に出来るよう準備しました。


       ・
       ・
       ・


Nana親子は、隔離室の散歩のお手伝いをするように指示を貰いました。

ここの子達は、保護犬のなかでも重症だったり、他の子達に感染しては困る病気
を持っている子達です。

なので、散歩中も無理をさせずに(歩かなければ日光浴で)、散歩のエリアも他の
ワンコと触れ合わないように、決まられたエリアで。
1匹散歩し終わるたびに、自分の体を消毒スプレーしながらの散歩でした。

最初はNana達も緊張して、ぎこちなかったかもしれませんが・・・。
そんなことでは、ワンコ達まで緊張してお散歩を楽しむ事ができません。

なるべく、笑顔で。
ゆったりとした、落ち着いた態度で。
いっぱい話しかけて。
皮膚が大丈夫そうなところを探して、出来るだけたくさんなでて。


そうするように、心がけました。


お散歩中(ダックスちゃん).jpg


この子は、皮膚病と目の病気です。
目ヤニが止まらず、目の周りの毛も抜け始めています。
体重もかなり落ちているので、ゆっくりと歩く事しかできません。

でも、すっごい甘えんぼchan。
「抱っこがいいのぉ〜。」とつぼらな瞳でヒザによじ登り、催促してきます。

世話をせずほっとかれた事→人間が悪い!!
という思考回路は、ワンコにはありません。

こんな状態になっても・・・それでも人間大好きなこの子に、謝罪と感謝の気持ちで
いっぱいになりました。


お散歩中(ボーダーコリーちゃん).jpg


この子も、皮膚と目の病気です。
本来なら、運動大好きなはずの犬種“ボーダーコリー”なのに・・・。
体つきも、今日一緒に散歩した十頭余りの中で一番細く、歩き回るのもしんど
そうでした。

なので散歩の内容も、日光浴をしながら体をさすり、話しかけるだけに変更。
ぽかぽかしたいいお天気のなかで、ゆっくりとした時間を一緒に過ごしました。

少しは、気分転換になったらいいんだけど。。。


お散歩中(ダックスちゃん&ジャックラッセルちゃん).jpg


この子達は、お隣のバリケンで毎日過ごしているせいか、とっても仲良しらしく・・・。
“ダックスちゃん”は、おとなりの“ジャックラッセルちゃん”のところへ行きたくて、
「キュンキュ〜ン☆」と呼んでいます。

ただ、2匹とも皮膚の状態が悪く、でも素人には同じ種類の病気か分かりません。
なので、他の子にもそうしましたが、同じエリア内の扉で仕切られた別々の
区画でのお散歩です。可哀想ですが、2匹一緒に遊ぶ事は出来ませんでした。

“ダックスちゃん”が愛おしそうに呼び続けているのに、超マイペースな“ジャック
ラッセルちゃん”は、「止まれないの(笑)?」ってくらいに、ゴソゴソ歩き回ります。
なのに、Nana母にマッサージして貰えた時は、ピタッと止まって、ウットリ♪
Nanaもマッサージして、“ダックスちゃん”の気を惹くことに成功!!彼女も
鳴き止んで、大人しく気持ち良さそうな顔になりました♪

微笑ましい光景でした。


       ・
       ・
       ・


それぞれのワンコが入っているバリケンには、その子の症状についての
注意事項やその子に接した人の気付き(ウンチの状態等)が書き込まれたメモが
貼り付けてあります。また、その子が散歩にその日行ったかどうか分かるように、
リボン付きのクリップで、印も付けてありました。

こんな風に、私達みたいに初めて参加の人にもお世話の仕方が良く解るように、
パークじゅうに色々な工夫が見られました。
レスキュー乗り入れ当時やその直後の、大変そうな様子をPCやテレビで見て
いたので・・・、ここまでの状態に持ってきた“Ark Angels”さんやボランティア
さんの苦労は計り知れないものだっただろうと感じました。

今日一日、初めてのお手伝いだったにも関わらず、全く「空回り」している
感がなく充実した時間が過ごせたのは、本当に彼らのお陰だと感じました。



レインコートを着ての作業なので汗がポタポタ落ち、ゴム手袋にも、長靴の中にも
汗が貯まって・・・、ひっくり返すとボタボタすごい量☆
でも、ワンコ達のだんだん明るくなる表情と過ごせて、本当に心地よい疲れです。

明日も、頑張るぞp(*^^*)q!!


次項有 12日(木)午前の様子は、明日の記事に続きます 次項有


------------------------------------------------------------

*** 「広島ドックパークの犬達」救援のお願い ***

resucue.gif
↓↓↓
いまだ、ホームページの繋がりは不安定な状態のようです。
代わりに、http://arkangels.blog34.fc2.com/
Blogは閲覧可能ですので、↑コチラをご覧下さい。
*10月21日(土)22日(日)で、譲渡会が開催されるそうです。

http://www.animalpolice.net/hirosima_tangansyo/
『日本にアニマルポリスを誕生させよう!』(管理人 kanakoさん)
↓↓↓
今回のこの悲しい事件を、二度と繰り返させない為に・・・。
そして、動物達の犠牲のもとに成り立つ、同様の金儲け主義で動こうとする
人間を今後断固として阻止する為にも・・・。
この件に関して、「動物愛護法」に基づいた厳正な処罰と登録の拒否を求め、
広島市長及び広島西警察署長宛ての嘆願書署名を集めていらっしゃいます。

ニックネーム Nana at 21:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする